スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

こないだね

身体がだるすぎて坂道を登るのをギブアップしそうになったんだけど、歩幅を半分に縮めてみたら結構楽になって、さらに蛇行するともっと楽になってこれはよいことを発見したぜ!と感激したもののいつもの3倍くらい時間がかかって結局汗だくになったボクが華麗に惨状です。


ある日、ホームに到着するとジャストな感じで電車がホームに滑り込んできた。
が、
いつものベストポジションはかなり先。
時間もぎりぎりだし、ここはいけるとこまで先にいっとかないと!
ボクは、ドアが開いて閉まるまでの時間を惜しんでいそいそと歩き続けた。
「ピロロロロ~」
むう、もうドアが閉まってしまう。次の車両のドアから乗ろう
と、早足で次の車両のドアから乗ろうとしたら、あろうことか女性専用車両だった。
しまった!さらに次の車両までいかないと!
相当あせったボクは小走りでさらに次の車両を目指したが間に合うか相当微妙。
くっそー次の車両がかすんでみえるぜ!遅刻するくらいなら冷たい視線覚悟で女性専用車両に乗り込んでしまおうか・・・いやしかし~
「そうだ!後ろの車両に戻ればいいんだ!!!」
と天才的なひらめきを得たもののもう女性専用車両の真ん中くらいに到達していたため手遅れだった。
うおおーポイント・オブ・ノーリターン!!
ボクは覚悟を決めて全身火の玉となり次の車両を目指した。
いけるのか!
どこかのよい子が見てるかもしれないからホームでダッシュとかできない!これわ競歩だ
腰をくねくねさせながらひた走る
あと何メートルだ!

タスケテー







意外に余裕で乗ることができました。
なにか期待した方すいません。



ご乗車は計画的にw
スポンサーサイト
category
アダルトセクシーな日々

Comment

うちの前も相当な坂道だから試してみよう。
女性専用車両ってほんとに必要なのかと日々疑問を感じるよぴこです。
それよりラッシュ時は座席収納して欲しいの。
  • 2011⁄08⁄28(日)
  • 11:21

元気なヤングは普通に歩いたほうがいいかもしれませんYO!
女性専用車両今まで乗ったことないけどボーっとしてたら乗ってしまいそうです。そんなときどうしたらいいでしょうねえ・・・
そうそう、座席収納グッドアイデアですねー
どうせ座れないしそうしてほしいです!
  • 2011⁄08⁄28(日)
  • 21:52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。